• 投稿:2018/04/17
  • 更新:2018/04/17

佐藤良二さくら道・夢マラソン 2018

  • 10K
  • 岐阜県

ちょうど桜が咲くころに岐阜県郡上市で開催されるマラソン大会です。
大会後には昼食付の交流会もあるアットホームなローカル大会です。

大会の趣旨

大会名にもある佐藤良二さんとは、名古屋から金沢まで全長266kmの国鉄バスの車掌でした。
桜の力で人々を幸せにしようと、この266kmの区間に桜を植え始めました。
病気で亡くなったあとも、家族知人によって桜は植え続けられました。
この266kmのさくら道を走るウルトラマラソン「さくら道国際ネイチャーラン」もありますが、この大会の協賛イベントとして開催される市民マラソン大会です。
順位を競うことより、交流やさくら道を楽しく走るのがこの大会の趣旨です。

会場までのアクセス方法

会場は「油坂さくらパーク」というキャンプ施設です。
車でないとたどり着くのは難しそうです。
東海北陸自動車道の白鳥ICから無料区間の道路を走り、白鳥西ICのすぐ近くです。

この大会の特徴

  • 種目は10Kと5Kがあります。※今回は10Kのレポートです。
  • 昼食がついて2000円の参加費用は安い!これでも値上げした金額だそうです。
  • 参加者は全部で70名ほどでした。(雨なので少なかったのかも)
  • チップ計測はありません。表彰も1位の人のみです
  • コースは序盤は下り坂で中盤フラットで折り返し、終盤は坂道を登ります。(高度上昇211M)
    激しい高低差
  • 地元住民の応援は少しだけあります。
  • 給水は2.5K地点に一か所あります(水、スポーツドリンクなど)。10Kは2回補給できます。
  • 大会終了後に昼食付の交流会があります。

この日の朝食・体調

ポイント練習の疲れで若干左足に張りがありましたが、特に問題なく好調です。
ただ、ローカル大会というのと、天候が雨予報で、気持ち的にはテンション低めです。。

当日の朝は、卵かけごはんと味噌汁。会場入りしてスポーツゼリーを1つ摂取しました。
10Kはスタミナ切れすることはまずないので軽めで大丈夫。

レース中に携帯したもの

  • なし
  • 帽子もサングラスも無し。(風が強かったので、風よけでサングラスした方がよかったです)

この日の天候

午前中雨で午後から晴れる予報です。
最低気温12度。最高気温17度。
レース時間の10:30は、15度くらいでしょうか。
小雨がまだ降っていましたが、気温高めなので、半袖、ランパンのみです。

このレースの目標

当初は40分切り目標でしたが、当日このコースは高低差が激しいことを知ったので、この目標は却下…。
前半下りでかっ飛ばして、後半の坂道でどこまでねばれるか。。

レースの方は(スタート前)

6時ころに起床して、高山から車で会場に向かいました。
高山西ICで高速に入り、トータルで1時間15分くらいでつきました。

会場の「油坂さくらパーク」の駐車場に車をとめます。
受付場所は管理棟の中です。テーブルの上には昨年の大会の写真がたくさん置いてありました。 自分の写っている写真は持ち帰ってよいとのことでした。
昨年の写真
※ちなみに家に帰ってから気づいたのですが、ここは夏に開催される「白鳥おどり」の会場でもあり、数年前にも訪れたことがありました…。

受付を済まし、本来はウォーミングアップをするところですが、この時は雨が強めに降っていました…。
仕方なく、車の中で仮眠。。。
10時から開会式、準備運動。
開会式の様子
10:30から10Kのスタートです。

レースの方は

10Kの部は40名くらい。
大会委員長の「もうすぐスタートですよー」という、ゆるい感じに集合。
直前になっても最前列はいないので、先頭に整列!

スタートしてすぐに一気に下ります!
はじめの1キロはなんと1K3:20ペース!
スピード練習でもそんなペースめったに出ない…!

そしてレースは僕のすぐ前を走る若い人とのマッチレースに早くもなりました。。
はじめてのコースで道順に不安があるので、すぐ前を走ってくれるのはありがたかったですね!
しかし下りが終わると徐々に離されていきました。
ところがこの大会はローカルレース。信号待ちで止まって、追いついたりもします。

中盤は交通量も多い道路で、スーパーから出てくる車もいるので、注意が必要!
ただ、交通量の多い交差点などでは、警察官が誘導してくれます。ありがたいですね。

道の分かりづらい所にも、中学生ボランティアが誘導してくれます。
しかし、それでも道を間違えてロスした人が今回何人かいたそうです。
まあ、これもローカル大会では仕方がないですね。

川沿いの中盤を走ったら、後半は苦悩の激坂登りです…。
しかし、この辺からは、5Kコースの人も交じってくるので、自分を励ます意味も含めて「ファイト!」と声掛け。

坂を登り切ると、多くの関係者、既にゴールした人が出迎えてくれます!
ゴールの様子

結果

タイムは41:42 ※ガーミンの計測だと900mも距離が短いですね…。
ガーミン計測画面
でもとても充実感にあふれるゴールでした。
ゴール後は僕も少しだけ、ゴールする人の応援。

ラップタイム
1Kごとのラップタイム。前半は下り坂でかなり速いペースです。

反省点

下り坂はスピードにのれてよかったけど、後半がボロボロでしたね。
中盤ももっとフォームを意識して、スピードを保ちたかった。
終盤はもっと気合で乗り切りたかった。。
あと、坂が苦しいのもあったけど、もっと大きな声で参加者に声掛けすればよかったな。

レース後は交流会

レース後はTシャツだけ新しいのに着替えて、バーベキュー場エリアで交流会。
オニギリ2つ、お茶、だんご、ケイちゃん焼きがもらえます!
昼食
ただ座ろうとしたら、雨がしのげるエリアはいっぱいで仕方なく、雨にぬられながらは少し寒かったです…。 たまたま座った席の前には、5歳くらいの女の子。
人懐っこくいろいろ話しかけてきます。
「このケイちゃんうんメェ~~」さてなんの動物のマネでしょう?
「わかったヒツジ!」
「ブブー、ヤギでしたー!」
などなど…。
ちなみにこの子は最年少参加者らしく表彰されていましたよ。 雨の中、ブラスバンドの演奏もありました。
※スマホの電池が無くなって写真撮れませんでした…。

マラソン後の温泉は最高

雨ですっかり体が冷えてしまったので、近くの温泉に行くことにしました。
会場から約15分くらいでしょうか、「美人の湯 しろとり」に行きました。
美人の湯 しろとり
露天風呂もあって、疲れをしっかり癒すことができました。
出た後はもちろん、コーヒー牛乳で軽く一杯。

ローカル大会の醍醐味がしっかり味わえる素敵な大会に大満足でした!
ちなみに翌日の中日新聞の記事として大会の様子が紹介されていました。
新聞の記事

Relive動画

佐藤良二さくら道・夢マラソン公式サイト

参戦レース報告の一覧へ

このページの先頭へ