• 投稿:2016/04/18
  • 更新:2018/12/17

恵那峡ハーフマラソン

  • ハーフ
  • 岐阜県

会場までのアクセス方法

会場は岐阜県クリスタルパーク恵那スケート場です。
JR東海 中央本線「武並駅」から徒歩5分くらいのところです。
「武並駅」は名古屋駅から快速で約1時間です。
電車の本数は1時間に2本と少な目なので、時刻表をチェックしておきましょう。
また「武並駅」は自動改札は無いので、マナカなど電子マネーがあると便利です。

yoko-photo-20160418a

恵那市の特徴

  • 岐阜県の東南部にある自然豊かな街です。ただ、近年過疎化が進んでおり人口減少が問題になっています。
  • 農業が盛んで、特にコシヒカリはとても美味しいです。五平餅も特産のひとつです。
  • 上矢作町にある「モンゴル村」は雄大な自然の中キャンプができておすすめです。

この大会の特徴

  • アップダウンの激しいコースです。特に中盤は激しい坂道です。残り5Kは逆に下り坂です。
  • スタート時の渋滞は、ほぼありません。
  • 段々畑など雄大な自然が見られます。
  • おばあちゃんなど地元の人がたくさん応援してくれます。
  • ハーフマラソンと3Kのコースがあります。ハーフは陸連公認コースです。今回はハーフマラソンのレポートです。

2016年 恵那峡ハーフマラソンのレポート

2016年4月17日

レースの方は

スタート直前の様子

とにかくすごい雨風でした…。台風のような風で、吹き飛ばされそうになったり、雨が痛いくらいに叩きつけてきます…。
それに加え、激しい坂道の連続ですっかり疲労困ぱいです…。
自然が多く景色も楽しめるはずだったのですが、そんな余裕もありませんでした…。
しかし、この雨の中でも、地元の人が応援してくれて、とてもありがたく、元気をいっぱいもらいました。
残り5Kは下り坂なので多少楽ですが、会場目前にまた強烈な坂道があって心が折れそうになりました。
しかし最後の力を振り絞って、ゴール!

結果

結果は ネットタイム1:46:08 総合順位472/1900
自己ベストには遠く及ばずガッカリ…。
しかし、ゴール後には、「塩おむすび、豚汁、おしるこ」がもらえるのですが、これがうまい!
どれも恵那で取れた食材をふんだんに使った食べ物で感動的な美味さでした!

総括

とても厳しいコースでしたが、総合的にはとてもよい「おもてなし」あふれる大会で大満足です。
今度は天気の良い時に参加したいですね。

ゴール後にはすっかりいい天気になりました。
のどかな景色です。 ゴール後は晴れました

P.S.

最後にショッキングな出来事がありました。
ゴール付近で、男性が突然倒れたようでした。
AEDと心臓マッサージを10分近く懸命に続けていましたが、意識は戻りません。
やがて救急車が来て、搬送されていきましたので、その後どうなったかはわかりません。
たとえしっかり練習していても、「明日は我が身」の可能性はあるので、気が引き締まる思いでした。
練習不足、寝不足・疲れ、熱中症 など、少しでも体調不良を感じたら、無理せず途中棄権する勇気はとても大事です。
皆さんも気をつけましょう。

恵那峡ハーフマラソン公式サイト

参戦レース報告の一覧へ

このページの先頭へ