• 投稿:2018/07/20
  • 更新:2018/08/23

宮の大イチイ RUN

2018/07/20  高山市一之宮町の奥の奥の方にある「宮の大イチイ」までランしてきました。
「宮の大イチイ」は「森の巨人たち100選」にも選ばれている巨木です。
推定樹齢2000年 樹高25mです。

今回のルート

飛騨一ノ宮駅から宮・清見線(453号)の道をひたすらまっすぐ走ります。
連日の猛暑でこの日も最高気温36度です。
しかし、この道は宮川源流沿いの道で、樹木で日陰が多いので、とても涼しく快適です。
今回は終始走りましたが、途中まで車で行くこともできます。
※先日の大雨で途中で車は通行止めになっていました。

前半

前半はいつもの練習コース。
しかし、日陰は無く、暑いのでキロ6分くらいでマイペースに走ります。
そして、いつもの昆虫スポットに今日はミヤマクワガタがいました!
夕方娘と車で採りにいこう。
ミヤマクワガタ

次第に、樹木の日陰が増えてきて、走りやすいコンディションに。
しかし、ペースはあくまでマイペースに。水分補給も細目に少しずつを意識。

宮川源流のきれいな川の横を走ります。
川の近くは特に涼しい。
欠点は川の音で装備している熊鈴が聞こえずらくなることかな。

ちょっとした滝のような所もありました。
ここも涼し気なところです。

先日の大雨の影響で、小さい石ばかりですが、落石の痕跡が…。

どんどん、樹木が多い所に入っていきます。
非日常の世界観で不思議な気持ちなってきます。
やがて、宮川防水ダムと宮の大イチイへの道との分岐点が現れます。

空が開けている場所。
位山と川上岳の間くらいの山でしょうかね。

小さい石ころがたくさんあるトレイル的な道を抜けると、「川上岳」と「宮の大イチイ」との分岐点に到着。
ここを少し下れば「宮の大イチイ」はすぐ近く。

木の橋と、木の階段を登ります。

「宮の大イチイ」に到着!
説明が記された看板がいくつかあります。

「宮の大イチイ」を見渡せる木の展望台がいくつか整備されています。
地元「宮の大イチイを守る会」の人たちが整備してくれているのですね!

大イチイだけでなく、上を見上げると、緑が広がり、日常の忙しさを忘れさせてくれます。
本当に力の沸くパワースポットです!

帰り

帰りは下りなので、楽なはずですが、日の当たるところで一気一瞬で熱中症に近い状態に…。
本当に、今年の暑さは半端ない!
今回のルートは川上岳へも近いことがわかったので、今度は頂上目指してみようと思います。
そのときは、自転車で途中まで行ってもいいかも。

動画

飛騨一之宮の観光・行事の一覧へ

このページの先頭へ