• 投稿:2019/02/01
  • 更新:2019/02/01

原山~松倉山トレッキング

高山駅から車で15分くらいのところにある原山公園。
昔はスキー場だったそうです。
今はスライダー、アスレチック遊具など家族で遊べる設備やドッグランがあります。
バーベキュー広場や、原山カフェという飲食私設もあります。

また近くには観光施設「飛騨の里」もあります。

高山市HPの原山公園紹介ページ

原山の頂上は標高904mで飛騨山脈の展望があります。初心者にも丁度良いトレッキング(登山)ができます。

トレイル登山記録「冬・雪のトレッキング」

2019年1月30日

何度か家族で遊びに来たことはあるのですが、登山は今回が初めてです。
ここから松倉山を経由して再び原山公園に戻ってくるトレッキングコースです。
まだ2回しか履いていないスノーシューズの練習も兼ねてのトレッキング(登山)です。
原山 松倉山の案内地図

準備してスタートしようとしたら…。

原山公園駐車場についた後、手袋を外して、車外で10分ほど準備をしていたのですが、それだけで手は激しく冷え込んでしまいました…。
この日は、街中でもマイナス9℃だったので、ここはもっと低い気温でしょう。
しかし、手袋をつければそのうち温まるだろうと思い出発しました。
10分くらい進んだのですが、手は痛いほどに冷たいままで一向に温まりません…。
とても耐えきれないと思い、一旦車に戻ることにしました。
朝の原山

息と車の暖房で、手を温めます。生き返るー(^_^;)。
寒い日は「野外で手袋を外してはならない」という教訓を得ました。
頂上でこれをやったら致命的だったかも…。

ところで今回手袋は、薄手の手袋の上には、-40℃でも耐えれるという「防寒テムレス」を装着しました。
以前はスキー用のグローブを付けていたのですが、こっちの方が薄手で柔らかいので、カメラ操作などちょっとした作業も外さず行えて便利です。

アマゾンで購入する

気を取り直して再出発

登山口で、さっそくスノーシューズを装着。
ざくざく進みます。
登山口

このコースは駅からも近いこともあり、多くの人が利用しています。
雪の位山は獣の足跡しかないですが、今回は人間の足跡もたくさんあって、コース間違いはしないので安心です。
原山への雪道

途中にはため池もありましたが、寒さで完全に凍っていました。
ため池 近くの橋

頂上間際の道は、そこそこの勾配。
がんばって登ります。初めの寒さがうそのように気温も上がってきて、汗がしたたりおちます。
頂上近くの急こう配

頂上に到着!

そして、頂上に到着。
何とも言えない達成感!!
原山の頂上からの景色

最近の雪山トレッキングは頂上に着いても寒さで辛くて、ゆっくりできませんでしたが、今回は晴天でゆっくり高山の街並み、飛騨山脈を見物しました。
眺め

下りながら松倉山に向かいます

ここで引き返そうとも思いましたが、まだ時間があったので、1周コース続行。
ここからは、ほぼずっと下り道です。
下り道

途中には松倉観音。
一礼してお参り。
巨大な石もありました。
松倉観音

続いて、松倉城跡に向かいます。
今は石垣だけですが、敵の侵入を妨げる急勾配もありました。
松倉城

またここからの景色もきれいです。
松倉城からの景色

飛騨の里の近くを通過したら、あとは林道を進みます。
この道は人はあまりいませんが、車のタイヤ跡がずっと続いていました。
帰りの林道

そして、いかにも「飲んでみなされ」と言わんばかりの山水。
冷たくて美味しかったー。
山からの水

晴天の雪道林道を心地よく進みます。
晴天の雪道

原山公園に戻ってきたころにはすっかり良い天気。
すっかり晴れた原山公園

タイムライン

9:30 原山公園駐車場を出発
10:10くらい 原山頂上
11:00くらい 松倉城跡
11:50 原山公園駐車場に到着

マップ


約7K 2時間20分くらい
4Kあたりで道を間違えて、無駄な周回しています…。

動画

飛騨一之宮の観光・行事の一覧へ

このページの先頭へ