更新:2020/02/26

サブスリーチャレンジ2020初夏シーズン

現在(2020/2/26)のフルのベストタイム3:14:09(2018富山マラソン)。
フルの本命レースは春・秋の1本づつに絞り、サブスリー達成までの道のりを詳しく記録していきます。※静岡マラソンが中止になったので、春シーズンの追加レースです。

2020年5月17日の とやま清流マラソンに向けて

2020年3月~5月

コロナ騒動で静岡マラソンが中止

大会は5月ですが、そのときにコロナ騒動が終息しているかは不透明です。
しかし、可能性がある限り、コツコツと練習を続けます。
目標レースがないと張り合いもないですからね!
また5月中旬は20度を超える暑さになる可能性が高いので、暑さ慣れも行います。

月間走行距離

月間走行距離にはこだわらない。
しかし、距離慣れのための30K走を月に2回実施したい。
また6月には飛騨高山ウルトラマラソンも控えているので、40K以上の距離も踏む予定。

おおまかなスケジュール

3月:スピード練習と距離慣れ30K走

まずは、静岡マラソン中止のやるせなさをぶつけるために、同日3/8に一人でフルマラソンを行う予定。アップダウンの激しい飛騨高山なので、サブ4ペースくらいで行う予定。
その後も、スピード練習と距離慣れ30K走で調整・体調維持。

4月:ガチ30K走も行う

前半は15K走などミドル走。
後半にはガチ30K走(キロ430ペース)も実施予定。これは名古屋 庄内緑地公園の小規模レースを利用予定。
また毎年行っている飛騨高山ウルトラマラソンコース試走(50K)も実施予定。

5月:距離なれ30K走と本気の30K走

レースまで残り2週間なので、15K走でスピードとスタミナのキレを維持。
残り1週は調整に当てます。

※事前に細かな日々のスケジュールをグーグルカレンダーに記入する

レース当日

前半からしっかりレースペース(キロ415)で突っ込んで走る。(速すぎないように注意)
ハーフの通過タイムは1時間30分
後半はとにかく同じペースで粘る。

以下に、月ごとの結果を追記していきます。

マラソンノウハウの一覧へ

このページの先頭へ