更新:2019/09/11

サブスリーチャレンジ2019秋シーズン[実施中]

現在(2019/07/04)のフルのベストタイム3:14:09(2018富山マラソン)。
フルの本命レースは秋の1本に絞り、サブスリー達成までの道のりを詳しく記録していきます。

サブスリーを目指す人のためのノウハウ動画

フォーム・練習方法についてまとめて動画化しました。この方法が正しかったと結果で証明していきたいです。

2019年 富山マラソンに向けて

2019年8月~10月

上から攻めるか?下から攻めるか?

  • [上から]→キロ4以上の速いスピードで10K走など短めの距離を楽に走れるようになる
  • [下から]→キロ430以下の遅めのスピードで30K走など長い距離を楽に走れるようになる

ぼくは下から攻めて堅牢で強いスピード持久力を手に入れる方向で頑張ろうと思います。

体調管理

  • レース当日に体重56Kまで絞る
  • 練習後はストレッチなどでしっかりケア
  • 暴飲暴食をしない
  • ベストな状態でポイント練習に臨む

トレーニング内容

  • 3K、5Kスピード走(キロ4ペース)
  • 10K走(キロ415ペース)
  • 10K走力底上げ走(キロ530ペース、最後の1Kのみキロ400ペース)
  • ヤッソ800,400
  • 30K、40Kロング走(キロ6~430ペース)、トレラン(山登り)→週1でどちらか行う
  • 峠走(下りも全力で)

※スピード練習の翌日にロング走を行う(ポイント セット練習)
※週に一回は休息日をつくる
※ポイント練習以外は、10K走力底上げ走でつなぐ

月間走行距離

月間走行距離にはこだわらないが、200K~350Kくらいを予定。
質にこだわって、意味のある練習のみを行う。

おおまかなスケジュール

8月:基礎体力作り

2019年8月の練習カレンダー

9月:連続30K走で回復力を強化

2019年9月の練習カレンダー

10月:距離を保ったまま負荷を下げる

2019年10月の練習カレンダー

※事前に細かな日々のスケジュールをグーグルカレンダーに記入する

レース当日

前半からしっかりレースペース(キロ415)で突っ込んで走る。(速すぎないように注意)
ハーフの通過タイムは1時間30分
後半はとにかく同じペースで粘る。

月ごとのトレーニング結果を追記していきます。

8月:基礎体力作りの結果


月間走行距離264K。
やはり8月はとても暑いのと、子供が夏休みでお世話もしていたので、そこまで距離は踏めませんでした。
ロングは、乗鞍スカイラインラン36Kと30K走の2回行いました。
3Kスピード走やインターバル走も行えたので、「基礎体力作り」の期間としては上出来な方かもしれませんね。

9月は、まだ暑い日もありますが、しっかり暑さ対策して、連続ロング走で回復力を強化していきます!

マラソンノウハウの一覧へ

このページの先頭へ