• 投稿:2018/04/23
  • 更新:2018/04/25

臥龍桜

1100年生きている桜

品種は エドギガンザクラ。
臥龍桜という名前は昭和7年に桜のすぐ近くにある大幢寺の和尚さんが、龍が体をくねらせているように見えたので、その名がつきました。

公園整備

平成元年に臥龍桜の周りを整備して公園にしました。
当時の住民の手形が、臥龍桜のすぐ横に沢山並んでいます。
その後も台風の被害で枝や茎が折れてしまいますが、保護処置を行い今に至っています。

開花時期

4月上旬から4月中旬にかけて開花します。

屋台


開花時期に合わせて、近くに屋台出店がオープンします。
モンデウススキー場の飲食店や、飛騨一之宮の人気店そばの中仁も出店しています。
桜を見ながら飲んだり食べたりも楽しいですね。

桜祭り


4月中旬ころの日曜日に開催されます。
2018年は4/22に開催されます。
ライブや琴・太鼓の演奏などが催されます。

宮小学校の活動

地元宮小学校では、臥龍桜のことを後世に伝える意味も含め、子供たちが調べたことを現地で発表したりします。

春夏秋冬の写真

・臥龍桜

・駅前桜

・駅前に続く道

・常泉寺川のしだれ桜

飛騨一之宮の観光・行事の一覧へ

このページの先頭へ