レポート

大阪マラソン2015

  • 2015年10月25日開催
  • フル
  • 大阪府

会場までのアクセス方法

ゼッケン引換場は「インテックス大阪」
東京―大阪まで新幹線にのり、大阪から大阪環状線西九条方面の電車に乗り弁天町駅で乗り換え大阪市営中央線に乗りコスモスクエアで下車。そこから徒歩5分。
スタート地点は「大阪城」です。

大阪市の特徴

大阪府の中央に位置する、政令指定都市。大阪城、道頓堀、通天閣など名所を有する。

この大会の特徴

  • チャレンジラン(8.8キロ)や車いすマラソンもあり。※今回はフルマラソンのレポートです。
  • 全体的にフラットなコースですが、ラストに南港大橋という上り坂あり。
  • コース中の給水/トイレは3Kごとくらいにあります。
  • ペースランナーは私の見た限りサブスリー(2時間59分)がいました。おそらく3時間30分、4時間など30分刻みでいます。
  • 大阪城、通天閣、道頓堀、京セラドームなど大阪の名所を巡ることができます。
  • チップで正確なタイムを計測してくれます。完走証はすぐにもらえます。

レースの方は

大阪マラソンは私にとって二回目のフルマラソンになります。私は大阪に行ったことがなく、いつかは行ってみたいという憧れの都市でもありました。ということで、申し込み!
このマラソンは私が参加した時に第五回目で、歴史の浅いマラソンではありますが、大阪市のど真ん中を走り、大阪城をはじめとし、道頓堀、御堂筋、通天閣など多くの観光スポットを肌で感じることができます。そんなことで、大阪マラソンはランナーにとって大人気の大会であり、もちろん抽選倍率も高かったです。
しかし、そんな逆境を乗り越え私は見事当選!(後から聞いた話なのですが、関東住みの人など関西より遠くに住んでいる人は当選しやすいらしい。噂ですが)
当選したら父親も大阪に行きたいと言い出し、二人で行くことになりました。笑
当選と同時にホテルの予約をしなければと思い、スタート地点である大阪城周辺のビジネスホテルにひたすら電話を、、、しかしまったく予約が取れませんでした泣 
しょうがなく、大阪城から少し離れた都島駅周辺のビジネスホテルに予約をしました。このホテルも私が電話した時には部屋が2、3部屋しか残っていませんでした。なので、大阪マラソンに当選された方はまずはホテルの予約をお勧めします!

大会当日は10月25日。
23、24日にインテックス大阪にてゼッケン引換が行われていました。私たちは東京駅から新幹線に乗り、24日の午前10時頃大阪駅に到着しました。大阪は電車の乗り換えが複雑で、アプリを利用しながらなんとかインテックス大阪へ到着。
インテックス大阪は国際展示場のようなところで中に入るとゼッケンの引き換えだけでなく、様々な売店ブースがあり、スポーツ用品の販売、ビールのサンプル配布、家電の商品紹介などもやっていました。本当に多くのブースがあり、楽しむことができました。
その後、電車に乗り、大阪城方面に戻り、スタート位置の確認をしました。そして、お楽しみの道頓堀で食事へ。大阪といえば粉ものということで、たこ焼き、お好み焼きをたらふく食べて食い倒れしました笑
前日のカーボローディングになりました。そして、ホテルに行き、次の日の準備を済ませ、熟睡。

そして、当日!とても良い天気でした。
スタート会場の大阪城公園へ向かい、荷物を預けスタート位置へ。10月ということもありランパンランシャツでも寒くはありませんでした。今年はゲストとしてコブクロの小渕健太郎さんが来ており、整列しているランナーに対して挨拶していました。人いすぎて見えませんでしたが、、、

そしてスタート!
私はスタート位置がスタートラインよりも50メートルほど後方だったためスタートするまでに1分ほどかかりました。前回の勝田マラソンのようにならないよう慎重なペースで走りました。スタートしてすぐに沿道からの応援がすごかったです。
国立文楽劇場前あたりで5キロ通過。約20分と遅めではありましたが慎重に行こうと決めていたので、焦りはありませんでした。
7キロ地点あたりから右折し御堂筋沿いを走りました。この道は沿道に高い建物がたくさん立っていたので都会の中心を走っているようで気持ちよかったです。他のローカルなマラソンなどでは絶対に味わえない風景だと思いました。

そして10キロ通過40分ほど。淡々とペースを刻みました。10キロ過ぎると折り返し地点があり、折り返ししてから再び御堂筋を走っていきます。
17キロ当たりで右折し京セラドームを目指して走ります。ドームを横目に20キロの通過が80分、ここまでイーブンペースで走ることができました。このペースでいけば2時間50分、足は少しきつかったですが三時間切りはいけると思いました。

ハーフ地点ぐらいで再び右折をし、次は通天閣を目指します。走ってて感じたことは全く応援が絶えないこと、都会のマラソンはやっぱりすごいと感じました。通天閣を通過し25キロあたり、ここからはインテックス大阪に向けて単調な道が続きます。この日は気温もぐんぐん上がっていたので歩いてしまう人もちらほら。
さらに、この道は先ほどまでの観光名所を通るコースに比べたらなにもなく殺風景だったのでしんどかったです。

30キロ。足が重くなって、このあたりからペースもだんだんと落ち始めました。給水やエイドにあるバナナなど少し食べて何とかこらえていました。ゴールであるインテックス大阪は埋め立て地に建っているので、海が近づくにつれて潮の香りがしてきます。埋め立て地ということもあり工業地帯のような感じでした。

35キロ。もう足がかなりきつくやばいなーという時に最後の難関である南港大橋が現れます。この橋は上り坂且つ長い橋なので、本当に気持ちが折れそうでした。大阪マラソンは基本的にフラットなコースではありますが南港大橋は唯一高低差のあるコース。そのため、いきなり上り坂を走り、足がつってしまう人もいました。なんとか耐えて残りはフラットなコースを走りインテックス大阪を目指します。

ラスト3キロ!この時点で私は一キロ当たり6分までペースが落ちていました、、、このラスト3キロが短いようで長かったです。

そしてゴール!

結果

記録はなんと3時間5分!三時間切れませんでした泣
ゴール後、勝田の時のように足を引きずりながら、飲み物、完走メダルをもらいました。預けた荷物を引き取り応援してくれた父のもとへ。父は「お疲れ!」と言ってくれましたがのんきにビール飲んでいました笑
三時間切りは次回にお預けとなりましたが、大阪マラソンはとても良い経験になったと思います。初めての大阪を走りながら観光できたことはとてもよかったです。
でも、次はマラソンではなく普通に観光したいなとも思いました笑

大阪マラソン公式サイト

  • レポート寄稿
  • ゴールタイム計算機
  • マラソン大会リスト
  • 大会スケジュール管理

レポートの一覧へ

このページの先頭へ