レポート

第14回 南アルプス桃源郷マラソン2016

  • 2016年4月10日開催
  • その他
  • 山梨県

会場までのアクセス方法

場所は、南アルプス市の櫛形総合公園陸上競技場です。甲府駅から40分の無料シャトルバス運行があります。
自動車で来る場合は、中央道から中部横断道に入り、白根インターまたは南アルプスインターより10分です。
無料の駐車場は1500台があります。
駐車場から、待機所の櫛形総合体育館までは徒歩5分、そこから会場の陸上競技場までも徒歩5分です。

南アルプス市の特徴

人口は7万人ほどの街ですが、全国に1つしかないカタカナがついている町として有名です。
山梨県の西部にあたり、南アルプスのふもとに広がる美しい街です。
果樹栽培が盛んで、桃・サクランボ・葡萄で有名な街です。
また、南アルプス市は日本でも有名な北岳を始め、3000m級の有名な鳳凰三山・仙丈ケ岳・甲斐駒ケ岳などの高峰があり登山家にも愛されています。

この大会の特徴

名前の通り、花いっぱいの桃源郷を走ります。果樹園が多いので、桃やすももの花・桜の花が沿道に沢山咲いていてとても気持ちが良いです。
場所によって富士山もよく見えるので県外の方は感動されると思います。毎年、ゲストに有名なマラソンランナーが来ているようです。2016年は、小林祐梨子さんでした。

レースの方は

私は地元の参加なので、娘が学校で一緒に応募してくれました。申し込み用紙は山梨県のあちこちに置いてあり郵便局にもおいてあるのを見かけたので、比較的手に入れやすいと思います。
県外から大勢の人が訪れ、出発地点の陸上競技場から歩いて5分ほどの櫛形総合体育館が待機場所になっていました。周りは櫛形総合公園といって、子供向けの遊具や、プール施設などもあります。マラソン当日屋台もたくさん出ているので、ご家族でいらしてマラソンに参加しない方でもお祭り気分で自由に出入りでき楽しめると思います。
私は、マラソンは久しぶりなので距離の少ないコースを選んだのですが、経験や知識がなく走ったので結構大変でした。慣れた地元の5kmの道がこんなに上り坂だったかなんて思いながら走っていました。帰りはペースダウンしましたが、下り坂が多く少し楽に感じました。初めにとばしてしまったので、後半はほとんど歩いてやっとたどり着けた感じで散々でした。
給水所は水とスポーツドリンクがありどちらかえらべます。

総括

終了後はおにぎりのお弁当と、年号とマラソン大会の名前が入ったスポーツタオルをいただいて帰りました。

南アルプス桃源郷マラソン公式サイト

  • レポート寄稿
  • ゴールタイム計算機
  • マラソン大会リスト
  • 大会スケジュール管理

レポートの一覧へ

このページの先頭へ