コラム

飛騨位山トレイル ショートコース攻略法

岐阜県高山市一之宮町で10月に開催されるトレラン大会「飛騨位山トレイル」。
今回はショートコースの攻略法をポイントごとに説明します。

コース概要

距離:約12km
トレイル率:95%
累積標高:774m
標高差:629m

舞台となる位山は「水無神社」の奥宮でもあり、パワースポットです。

ショートコースマップ
画像:グーグルマップ

下記4ステージの特色を持ったコースです。
1ステージごと説明していきます。

ステージ1「刈安林道」

スタート直後は草地のゲレンデを駆け上がります。
そしてすぐに、砂利道の林道が約5キロ続きます。

刈安林道

傾斜は多少ありますが、そこまで厳しくはないです。
障害物も無く、道幅もある程度あるので、追い越しも楽に可能。
しっかりロードの坂道練習をしたのなら、ここは一気に駆け抜けましょう!
ここはロードの基本骨盤、大転子を使った走りを意識するとよいでしょう。

ステージ2「刈安登山道」

頂上への看板

この看板が見えたら、一気に傾斜が厳しい登山道(木の階段)です。
道幅も狭くなり、足場も悪くなるので、追い越しは慎重に行いましょう。

刈安登山道

約1.5Kほどの道なので、頂上まで気合で登り切りましょう!

ステージ3「登山道下り1」

頂上のエイドステーションを過ぎたら、一気に下り坂。
岩や丸太道はぬかるんで滑りやすいので気を付けましょう。
木の根っこでつまづきそうになる所もいくつかあります。

下り

ステージ4「登山道下り2」

モンデウススキー場の頂上

スキー場(リフト)の頂上を越したら、また違った特色ある下り坂が現れます。
微妙な大きさの石、岩がごろごろ転がった道なので、走りにくいです。
また急カーブばかりなので、スピードも出しずらいです。
後述する「馬走り」でいけば、足の裏への負担が少なく走り切れると思います。
最後は、再び草地のゲレンデを下ったらゴールです!

トレラン下り坂のコツ

ロード走との違いが顕著に現れるのが「下り坂」ではないでしょうか。
うまく走れれば、トレラン最高の醍醐味である「疾走感」を味わえます。
しかし初心者はどのようにしたらスムーズに下れるかとても戸惑います。

そこで個人的に見つけた初心者向け下りの走り方が「馬走り」です。
足を前後にクロスさせるのではなく、右足もしくは左足を前に出したら、そのままの状態で足をちょこまかと前後させます。
下りの走り方
足が宙に浮いている時間を減らせるので、「安定・安心」を得られます。
この走り方でも、うまく使えば、意外と速いです。

あと、足元ばかり見ず、少し前に視線を置くとよいでしょう。

試走するときの注意事項

「刈安林道」は人がいない代わりに熊が出没するエリアなので、極力複数人数で行きましょう。
もちろん、熊鈴は必須です。

「刈安登山道」では、頭の周りをスズメバチがクルクルよく回ります。
手で追い払わず、そそくさと走り抜けましょう。
アブもいますので、あまり効果は薄いかもしれませんが、虫よけスプレーをたっぷりつけておきましょう。

1人で練習するときは、無難に登りも位山登山道を利用した方が安全でしょうね。
もちろんその場合には登山者を優先して走りましょう。

飛騨位山トレイル公式サイト
よかったら参加してくださいね!

  • レポート寄稿
  • ゴールタイム計算機
  • マラソン大会リスト
  • 大会スケジュール管理

コラムの一覧へ

このページの先頭へ