コラム

飛騨高山 宮川源流「餅谷の滝」トレラン

2017/06/24  高山を流れる綺麗な川、「宮川」源流沿いにある「餅谷の滝」を見に行きました。
当初は20Kロード走を行う予定でしたが、看板を見て気になって急遽変更して、「餅谷の滝」に向かいました。

アクセス方法

飛騨一ノ宮駅から宮川沿いの道を7Kほど進んだところに入口となる登山道の扉(ゲート)があります。

●ゲート
ゲート

●グーグルマップでの位置

●案内看板
案内看板
看板の横には「熊、崖崩れなどに注意して自己責任で」という注意書き付きです・・・。

ゲートを越えていざ出発

そして、恐る恐るゲートを横から通過すると、そこには「タヌキ」さん・・・。
登山道とはいえ、獣道との境界線は曖昧のようです。

苔の生えた丸太が積まれていました。 他にもいくつか伐採作業された跡は何か所かありました。
苔の生えた丸太

このような道を突き進みます。
登山道
もちろん誰も人はいません。
ただ近くの「位山」登山も経験済みなので、だいぶん山道の恐怖には慣れてきました。

「餅谷の滝」への案内看板再び。
案内看板
ものすごく生い茂った道に入り込みます。

木の橋・階段もあります。
木の橋・階段

「餅谷の滝」に到着!

そして、ついに「餅谷の滝」に到着!
餅谷の滝
少し手前に、下に降りられる階段もあります。 涼しいし、気持ち的も癒されるパワースポットです!

この先にある「餅谷のスギ」も気になりましたが、 今日はトレラン装備も未完全なので、帰ることにしました。
しかし、道をうっかり間違えて、2Kぐらいロスしました。。。
でも、よい景色が見られたのでよかったです。

帰る直前、恐怖に震える

そして、あと少しで、はじめのゲートにたどり着こうという時に、 笹薮のあたりで、「ガサガサ」と音が!
熊かと思い、かなりビビりました。
しばらく、その場で鈴を鳴らした後、恐る恐る通過…。
姿は見えませんでしたが、おそらく初めにみた「タヌキさん」でしょう。

やはり、こういった山道を速く走るトレランは危険度は上がりますね。
動物も逃げる暇もなくなります。あらかじめ自分を知らせる音を曲がり角などでは出すことが大事ですね。

熊など危険生物に関してはこちらの記事「山の危険生物「熊」の対処法」を参考にしてくださいね。

  • レポート寄稿
  • ゴールタイム計算機
  • マラソン大会リスト
  • 大会スケジュール管理

コラムの一覧へ

このページの先頭へ