• 投稿:2016/05/24
  • 更新:2018/04/25

ウルトラマラソン大会当日に必要なもの

ウルトラマラソン大会当日に必要なものをまとめてみました。
フルマラソンに必要なものをまとめたページはこちら

持ち物一覧

基本的にはフルマラソンで必要なものとほぼ同じです。
  • 大会当日のスケジュール
  • 参加証ハガキ
  • 着替え、ビニール
  • タオル
  • スタート前の食事(おにぎり、バナナなど)
  • お金(小銭・電子マネーカード)
  • 家の鍵
  • 帽子
  • サングラス(ケース)
  • ニップルシール
  • 股に塗る保護クリーム
「ウルトラマラソン」で持っているとよいものを追記しました。

レース中も持っていた方がよい物一覧

10時間以上かかる場合は、下記の物を所持して走るとよいでしょう。
また大会によっては途中のエイドステーションまで荷物を運んでくれるサービスもあるので、重たい物やかさばる物は利用するとよいでしょう。
  • 水分
  • 塩あめ
  • 靴下の予備
  • ばんそうこう
  • 日よけ付の帽子
  • 日焼け止め
  • 長袖(もしくはアームウォーマー)
  • 荷物を入れるウエストポーチもしくはバッグ

水分

500mlだと重いので300mlがよいかも。中身が無くなったら、エイドで補給させてもらいましましょう。後半気温が上がってばててくると、エイドだけでは水分不足になる可能性があるので、心の余裕を作るためにも、水分は持っていきましょう。

塩あめ

やはり一番怖いのは「熱中症」。これになったら、リタイア決定です。
それを事前に防ぐためにも、塩飴はしっかり持って走りましょう。

靴下の予備・ばんそうこう

長丁場だと、途中で靴下が破れる可能性もあります。
特に下り坂が多いコースだと、強い力がかかるので、特に破れやすいです。
やぶれると、大きなマメが出来て、痛くて走れなくなってしまいます。
そんな時のために、予備の靴下・ばんそうこう を持っていると安心です。

日よけ付の帽子・日焼け止め・長袖

天気が良すぎる日の場合、長時間日光を浴び続けるだけでも、体力は消耗してしまいます。
そのために、首周りを守る「日よけ付の帽子」、腕を守るために「長袖(もしくはアームウォーマー)」、そして「日焼け止め」を付けておけば、だいぶん違ってくるでしょう。

あとは、入念なレース展開のタイムスケジュール

勢いだけでは完走できないのが「ウルトラマラソン」の大変なところであり、醍醐味です。 事前に、10Kごとの予想通過タイム、1K当たり何分で走るのかペース予想などは、しっかり計画しましょう。

マラソン上達法・レース別攻略法の一覧へ

このページの先頭へ